「超世の悲願聞きしより」荒山淳師

  • 2020.01.27 Monday
  • 14:57

2020年最初の七日講には、名古屋教化センターで主幹を務めておられる荒山淳師をお迎えしました。

 

 

「私たちはどこから生まれて、どう生きて、どこへ行こうというのか」

 

 

超天楽。龍笛の音に皆静かに聞き入ります。

 

 

荒山師と一緒に「見上げてごらん、夜の星を」を歌いました。

東北大震災の時にも、歌われたこの曲。

ボランティアとして被災地で活動された荒山師は、その経験をお話し下さいました。

 

 

最近やっと母親に「ありがとう」と言えるようになった、と率直にお話しされる荒山師に、皆大笑い。

ユーモアあふれる語り口ながら、厳しく自己を見つめる荒山師の言葉には説得力があります。

 

 

超世の悲願聞きしより

我らは生死の凡人かは

有漏の穢身は変わらねど

心は浄土に遊ぶなり

大正琴倶楽部「大友ハープス」

  • 2020.01.11 Saturday
  • 10:24

12月12日、やはぎかんのふれあい広場でミニコンサートを行ないました。

「戦場のメリークリスマス」「冬の華」「雪椿」「熱き心に」など、懐かしのメロディからJポップまで演奏してきました。

 

 

12月20日と1月10日は、2回にわたり岡崎市の「りぶら講座」で大正琴講座を行ないました。

大正琴で「パプリカ」を弾いてみよう!

 

 

初心者の方も四苦八苦しながら、二回目の終わりには伴奏に合わせて演奏することができました。

お孫さんが喜ぶから、と「パプリカ」に挑戦して下さった経験者の70代女性にも喜んでいただきました。

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

 

「人と生まれた意味をたずねていこう」北野隆之師

  • 2019.12.22 Sunday
  • 19:12

12月7日は、七日講が勤まりました。

講題

「南無阿弥陀仏〜人と生まれた意味をたずねていこう」

 

 

講師は、福万寺衆徒の北野隆之師です。

「人に生まれた意味、今日ここでわかる!とはいかないのです」

 

 

「仏法はあちこちにあるんですよ。でもアンテナが張ってないと気づかない」

 

 

笑っている間は自分のこととして捕らえていない。

自分のことと思ったら、笑ってはいられない。

死ぬまで聞法、という北野師ご自身の熱い思いに、自然と拍手が沸きました。

 

 

嵐の「Ray of Water」やAI美空ひばりの「あれから」など、素敵な曲もご紹介いただきました。

お寺で嵐が聴けるとは思わなかった!

と、皆さん笑顔で帰られました。

 

地獄の底から南無阿弥陀仏〜梛野明仁師

  • 2019.11.25 Monday
  • 14:01

 

11月7日は七日講。

西尾市本澄寺住職の梛野明仁師をお迎えし、報恩講をお勤めしました。

 

 

地獄の底から南無阿弥陀仏〜念仏弾圧に学ぶ絵解き」

 

 

仏教には救いがあるというけれど・・・・

 

 

親鸞聖人が法然上人と出遭った意味というものがあるのです

 

 

 

厳しい弾圧をくぐりぬけて今私たちに届いている念仏の教え。

一座一座、大事にご聴聞ください、と梛野師は語られました。

 

国宝専修寺参拝と伊勢神宮〜おかげ横町の旅

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 19:41

玉泉寺の「てら旅」も、第五回となりました。

今年は、三重県にある高田派のご本山「専修寺」への団体参拝と伊勢神宮拝観の旅.

 

まずは専修寺様へ

職員の方が案内してくださいました。

 

 

 

 

一度は行ってみたかったという有縁の方も、岡崎市樫山町、浄泉寺のご住職のお話を聞いて「急に行きたくなった」という人も、

さすが国宝の御堂に、感動・・・

 

 

親鸞聖人と高田派の歴史など、仏法に触れながら、わかりやすく丁寧にお話しくださいました。

 

 

 

 

皆様のご協力のおかげで、終始スムーズに行程がすすみました。

お昼は、すし久のてこね寿司ととろろご飯の御膳をいただきました。

 

 

 

 

とっても美味しかったね〜、大満足!

午後からは、伊勢神宮内宮とおかげ横丁へ。

 

 

 

ひとりで参加した人も、たくさんお友達できたようです。

終始和やかで、楽しい旅行となりました。

皆様のご協力、真にありがとうございました。

 

 

 

「岡さんぽ」玉泉寺参拝

  • 2019.09.21 Saturday
  • 17:51

「岡さんぽ」は、岡崎の隠れスポットをガイド付きで巡るプランです。
9月15日は、第1回やはぎ飛鳥まつりから大友皇子を訪ねて、玉泉寺に参拝されました。

 

 

事前にご連絡はいただいていたのですが、本堂での法事と重なり、外からのお参りとなりました。

又の御参拝をお待ちしております。

 

 

大友皇子の追弔会にも興味を持って下さった様子。

 

 

ここから大友天神社に向かうとのことでした。

 

 

 

 

 

編み物倶楽部メンバー募集

  • 2019.09.16 Monday
  • 15:52

JUGEMテーマ:編み物

編み物倶楽部は、月2回火曜日に活動しています。

山田さんは一日体験で使った麻糸の残りで、今度は大きなバッグを作りました。

白いフリルも1本ずつ編んであるんです。

すごく手間がかかっているように見えますが、山田さんはあっという間に完成させました!

 

 

坊守は、ペットボトルカバーに挑戦しました。

 

 

糸が細いので、メガネなしではすすめません。でもこのラメ入りの細い糸がなんとも可愛いのです。

 

こちらが完成品。

先生のお見本は250cc用でしたが、欲張って500ccのを作ったのでやや糸が足りず。

紐の先に5つのお花が咲くはずが3つになってしまいました。

でも、できあがるとうれしいものですね。

 

 

大友皇子の古墳参拝

  • 2019.09.13 Friday
  • 18:56

JUGEMテーマ:今日のこと

 

玉泉寺の開基である大友皇子の御陵に参拝しました。

 

 

 

 

 

ともに生きる:真城義麿師

  • 2019.09.07 Saturday
  • 18:07

JUGEMテーマ:人生論

 

9月の七日は法話会、真城義麿師をお迎えしました。

1年ぶりに真城師のご法話が聞きたいと、たくさんの方がお参り下さいました。

 

 

「ゴリラと我々人間の違いは何でしょう」

 

 

「お釈迦様は、本当のことに目が覚めたわけです」

 

 

ブッダの悟りの法の内容とその修行について丁寧にご説明があり、
その上で、「私ひとり」ではなく「ともに」救われていく仏道についてお話しいただきました。

生死の苦海ほとりなし

ひさしくしずめるわれらをば

弥陀弘誓のふねのみぞ

のせてかならずわたしける

 

 

今回の七日講は時間を少し超過しながら、難しいお話でありましたが、

ご聴聞の皆さんは最後の最後まで、それは熱心に聞き入っておられました。

 

 

子供会「ラジオ体操」

  • 2019.08.31 Saturday
  • 19:36

JUGEMテーマ:今日のこと

 

今年から夏休みのラジオ体操を玉泉寺の境内地で行います。

玉泉寺の住職や法務員たちも、一緒に参加しました。

 

 

ラジオ体操の後は、希望者のみですが、本堂でお経の練習です。

 

 

住職のお話を聞きます。

 

少しずつ声をだして読めるようになりました。

また来年のお地蔵様のお参りでは、大きな声でお勤めができることでしょう。

 

profile

玉泉寺公式HP

玉泉寺の永代供養については玉泉寺公式ホームページをご覧下さい。

links

住所(お問合せ)

愛知県岡崎市西大友町寺山46 ☏ 0564-31-6520

アクセス

categories

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM